いんどせんせいじゅつインド占星術

紀元前にバビロニアで生まれた占星術がインドへ渡り進化した占術。占星術との大きな違いはラーフとケートゥという架空の天体を用いる点。西洋占星術でもドラゴンヘッドと呼び登場しますが、インド占星術では1つの天体として扱われます。輪廻転生がこの占術の軸にあり、120年間で一周するダシャーというシステムがあり、一生の運気の流れがそこには刻まれています。インド占星術の月を使ったナクシャトラという占術が中国へ伝わり、宿曜占星術になったとも言われています。

インド占星術が得意な先生に相談する